外国人に不動産売却するケースが増えている理由とは?メリットや流れも解説

外国人に不動産売却するケースが増えている理由とは?メリットや流れも解説

この記事のハイライト
●外国人労働者の増加などにともない近年は外国人への不動産売却が増えている
●外国人をターゲットにした際のおもなメリットはスムーズに売却できる可能性が高まることである
●外国人に不動産売却する際の流れは同じだが日本人に売却するケースとは異なる点もあるので注意すること

不動産は日本人だけではなく、外国人に売却することも可能です。
実は近年、外国人に不動産を売却するケースが増加しています。
そこで今回は、外国人に不動産を売却するケースが増えている理由や、メリットとデメリットを解説します。
外国人に売却する際の流れや注意点も解説しますので、天白区や日進市を中心に愛知県全域で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

外国人に不動産売却をするケースが増えている理由とは

外国人に不動産売却をするケースが増えている理由とは

不動産は、外国人に売却することも可能です。
日本人が買主のケースと異なる点はありますが、それらに注意すれば問題なく売却できます。
そうは言っても、外国人への不動産売却はレアなケースだと思うかもしれません。
けれど、実は近年、外国人への不動産売却は増えているのです。
いったい、どのような理由によるのでしょうか。

外国人への不動産売却が増えている理由

外国人への不動産売却が増えているおもな理由は、3つ挙げられます。
1つ目の理由は、日本国内に外国人の労働者が増えていることです。
外国人の労働者が増加すると、それにともなって不動産の需要が高まります。
すると、不動産を購入する方が増えて、買主が外国人になる可能性が高まるのです。
2つ目の理由は、日本では外国人の不動産購入のハードルが、それほど高くはないことです。
外国人が不動産を所有できない国もあるなかで、日本は永住権がなくても購入できます。
手続きの流れや納税などが日本人と同じであることも、比較的購入しやすい理由でしょう。
3つ目の理由は、外国人の投資家にとって、日本における不動産投資は魅力が高いことです。
ほかの国に比べて購入における制限が少ないうえ、都市部の物件は価格と利回りのバランスが良いと評価されています。
そのため、居住用だけではなく投資用の不動産を購入する外国人も増えており、外国人への不動産売却の増加につながっていると考えられます。

外国人が不動産の購入を考えるタイミング

不動産の購入を考えるタイミングは、外国人でも日本人とほぼ同じでしょう。
たとえば、仕事が軌道に乗って収入が安定したタイミングや、結婚して家族ができたタイミングなどです。
ほかにも、「賃貸物件に家賃を払うなら不動産を購入したい」「永住権を取得したのでマイホームがほしい」などが、購入のきっかけになると考えられます。
日本の人口は減少傾向にあるので、ターゲットを外国人に広げると、不動産を売却しやすくなるでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

外国人に不動産売却をすると生じるメリットとデメリットとは

外国人に不動産売却をすると生じるメリットとデメリットとは

外国人に不動産を売却すると、メリットを得られる可能性があります。
ただし、デメリットが生じることもあるので、外国人もターゲットにしようと考えている場合は、どちらもしっかりと把握しておきましょう。

外国人に不動産を売却する際に得られるメリット

外国人への不動産売却で得られるおもなメリットは、スムーズに売却できる可能性が高まることです。
その理由は、外国人は日本人よりも中古物件を選ぶ傾向があるからです。
日本人は新築物件を好む傾向にあるので、中古物件はなかなか売れないことがあります。
けれども外国には、古い建物に価値があり、大切に活用するべきだと考えられている国が多くあります。
実際に、外国には中古物件の流通が盛んな国が多く、そのような国の方は中古物件の購入に抵抗を感じないと考えられるので、スムーズに売却できる期待が持てるでしょう。
また、物件に魅力を感じる点が日本人とは違うことも、売却につながる理由に挙げられます。
たとえば、築年数が経っている純和風の家は、日本人をターゲットにするとなかなか売れないかもしれません。
その点、外国人には日本の文化を感じられる点が魅力的に映り、購入を検討してもらえることがあるでしょう。
このように、日本人をターゲットにしても買主が見つかりにくい物件は、外国人を含めて探すと、売却できる確率が上がります。

外国人に不動産を売却する際に生じるデメリット

外国人に不動産を売却する際は、メリットだけではなく、以下のようなデメリットが生じることがあります。

  • 住宅ローンを組めないことがある
  • 契約などの手続きに時間がかかる
  • トラブルが発生する可能性がある

注意が必要なのは、住宅ローンを組めないおそれがあることです。
住宅ローンを組むためには、審査を通過しなくてはなりません。
審査を通過する条件は金融機関によってさまざまですが、外国人の場合は永住権があることや、日本国籍か永住権のある配偶者が連帯保証人になることなどがあります。
ほかにも、年収や雇用形態、申込時や完済時の年齢などに条件が設けられることが多く、これらを満たさないと住宅ローンを組むことができません。
現金で購入できる方なら問題ありませんが、無理な場合は、住宅ローンが組めないと売却が白紙に返ってしまうでしょう。
また、意識や感覚などが日本人とは異なる点にも注意が必要です。
たとえば、買主が早く見つかるメリットを得られても、時間に対する意識が違うと契約などの手続きがスムーズに進まず、結果的に時間がかかってしまうでしょう。
感覚や常識の違いによってトラブルが生じる可能性もあるので、注意しましょう。

\お気軽にご相談ください!/

外国人に不動産売却をする際の流れや通常と異なる点とは

外国人に不動産売却をする際の流れや通常と異なる点とは

外国人への不動産売却を具体的に考えたときに気になるのは、手続きの進め方や日本人への売却とは違う点でしょう。
外国人をターゲットにすると、買主がスムーズに見つかるメリットはあっても、手続きが煩雑で大変ではないかと心配になるかもしれません。
そこで、外国人に不動産売却をする際の流れと、日本人への売却との違いや注意点を、それぞれ確認しておきましょう。

外国人に不動産を売却する際の流れ

外国人に不動産を売却する流れは、日本人の場合とほぼ同じです。
基本的な流れは、以下のとおりです。

  • 物件の査定を受ける
  • 不動産会社と媒介契約を結ぶ
  • 売却活動をおこない買主を探す
  • 買主が決まったら売買契約を結ぶ
  • 決済のあとに物件を引き渡す

外国人もターゲットにしたい場合は、売却活動の際に外国人に向けてアピールすると良いでしょう。

日本人への不動産売却と異なる点や注意点

外国人への不動産売却では、翻訳した書類の準備が必要になることがあります。
たとえば、買主である外国人が日本語を理解できない場合は、翻訳した売買契約書を作成しなくてはなりません。
売買契約の際に通訳を介する場合は、その旨の委任状や、契約書などの書類に通訳者の署名と捺印が必要です。
また、先述したデメリットに注意して、対策を講じることも重要です。
とくに、現金による一括支払いができない場合は、住宅ローンの審査に落ちると不動産売却が白紙に返ってしまいます。
そのため、買主候補の外国人が住宅ローンを組むための条件を満たしているかどうかは、しっかりと確認しておきましょう。
そして、日本人とは感覚が違うかもしれないことを意識する必要もあります。
できるだけトラブルを防ぐためには、「手続きの期限を書類に記載する」「ルールを丁寧に説明する」など、細やかな注意を払うと良いでしょう。

まとめ

不動産を売却する際は、外国人もターゲットにすると、買主が見つかりやすくなるでしょう。
外国人が買主でも、売却の流れは日本人の場合と変わりません。
ただし、日本人との感覚の違いなどによってトラブルが発生する可能性があるので、売却の際は細心の注意を払いましょう。
名古屋市天白区・日進市を中心に不動産売却のことならスムトコ不動産へ!
人生を楽しみ将来を分かち合えるパートナー企業として活動しています。
お気軽にお問い合わせください。



ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

052-804-3615

営業時間
09:30〜18:00
定休日
火曜日 水曜日

関連記事

お役立ち情報

買取実績

サービス紹介

売却依頼

売却査定

お問い合わせ