不動産売却でよくある悩みとは?お金や売れない悩みの解決方法も解説!

不動産売却でよくある悩みとは?お金や売れない悩みの解決方法も解説!

この記事のハイライト
●不動産売却の際はやるべきことやかかる費用がわからないなどの悩みが多い
●不動産売却におけるお金の悩みには住宅ローンの返済や価格交渉に関することなどがある
●不動産がなかなか売れないときも悩むものなので事前によくある原因と解決方法を確認しておくと良い

人生において、不動産売却を経験する機会はそれほど多くないでしょう。
さらに、高額なお金が関係する取引なので、さまざまな悩みが生じる可能性があります。
そこで今回は、天白区や日進市を中心に愛知県全域で不動産売却をご検討中の方に向けて、よくある悩みについて解説します。
お金の悩みや売れない悩みと、それらの解決方法も解説しますので、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却のよくある悩みとその解決方法とは

不動産売却のよくある悩みとその解決方法とは

不動産売却の際に悩みが生じると、大きな不安を抱えてしまうかもしれません。
そこで、不動産売却を安心しておこなえるように、事前によくある悩みと解決方法を確認しておきましょう。

よくある悩み①不動産売却の流れに関すること

不動産売却を始めるとき、何から手を付けたら良いのかわからずに、悩んでしまうことがあります。
そこで、事前に不動産売却の流れを確認しておきましょう。
不動産の売却方法には「仲介」と「買取」があり、仲介の基本的な流れは以下のとおりです。

  • 不動産の査定を受ける
  • 仲介を依頼する不動産会社と媒介契約を結ぶ
  • 売却活動をおこなって買主を探す
  • 買主が決まったら売買契約を結ぶ
  • 決済が完了したら物件を引き渡す

もう1つの買取は、不動産会社が物件を直接買い取る方法なので、買主を探す必要がありません。
査定を受けて買取を依頼する不動産会社を決めたら、契約と決済に進むので、スピーディーに不動産売却が完了します。
どちらの方法が良いかは、売却する物件や売主の考え方などによって異なるので、メリットやデメリットなどをふまえて考えましょう。

よくある悩み②不動産会社の選び方に関すること

不動産会社はたくさんあるので、どこに依頼したら良いか悩むことも多いでしょう。
満足のいく不動産売却のためには、査定額の妥当性や対応の良さ、売却実績などに着目することがおすすめです。
査定額は不動産を売却できそうな目安の価格であるため、金額の高さよりも妥当性が重要です。
依頼した不動産会社とは、売却完了まで頻繁にやり取りをするので、担当者の対応の早さや相談のしやすさなどもふまえて考えると良いでしょう。

よくある悩み③不動産売却にかかる費用に関すること

不動産売却にかかる費用が心配な場合は、おもな費用を確認しておきましょう。
不動産売却時に発生するおもな費用は、印紙税や仲介手数料、登録免許税などの登記費用、測量費や解体費などです。
これらのうち、売買契約書の作成にかかる印紙税は基本的に発生しますが、それ以外は必要に応じてかかる費用です。
たとえば、仲介手数料は、不動産会社に仲介を依頼して物件を売却できたときに発生します。
登録免許税は不動産の抵当権抹消登記をおこなう際に発生し、登記手続きを司法書士に依頼した場合は手数料も必要です。
測量や解体をおこなう場合は、それぞれに費用が発生します。
ご自身の不動産売却に必要な手続きがわかると、発生する費用を把握できて、金額の目安もわかるでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるお金の悩みとその解決方法とは

不動産売却におけるお金の悩みとその解決方法とは

不動産売却の際は、お金に関する悩みも生じやすいものです。
そこで、よくあるお金の悩みを3つ挙げて、解決方法とともに解説します。

お金の悩み①住宅ローンに関すること

住宅ローンが残っている場合は、そもそも不動産売却ができるのか、悩むことがあるでしょう。
その場合は、売却金で住宅ローンを完済できるかどうか、確認してみましょう。
確認する際は、住宅ローンを組んでいる金融機関に相談して、残債や繰り上げ返済手数料などの合計額を教えてもらいます。
その金額と不動産の査定額を比べて、査定額のほうが多い場合は、問題なく不動産売却できる可能性が高いでしょう。
一方、査定額のほうが少ない場合は、不動産売却は難しいと考えられます。
その理由は、不動産に設定されている抵当権を抹消できないからです。
抵当権が設定されている不動産を購入する方はほぼいないので、売却金で完済できそうもないときは、残債が減ってから売却しましょう。

お金の悩み②現金化できる時期に関すること

お金が必要で不動産売却をする場合など、現金化を急いでいるときは、いつ売却できるのか不安になるかもしれません。
そのような悩みは不動産会社に話して、早期売却につながる対策を講じましょう。
なお、不動産売却を急ぐときは、先述した買取も有効です。
不動産会社が物件を再販売するためのコストが差し引かれるため、買取価格は相場よりも安くなりますが、必要に応じて検討してみましょう。

お金の悩み③価格交渉に関すること

不動産売却の際は、購入検討者から価格交渉をされることが多いものです。
価格交渉の判断には専門的な知識が必要なので、ご自身だけでは難しいかもしれません。
そのような際は不動産会社に相談すると、応じるべきかどうかの助言を受けられます。
また、ほかにも「代金が未払いにならないか」など、さまざまな悩みが生じることがあるでしょう。
そのような悩みも不動産会社に相談すると、解消する可能性があるので、抱え込まずに話してみると良いでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における売れない悩みとその解決方法とは

不動産売却における売れない悩みとその解決方法とは

不動産売却の際は、なかなか売れない悩みも多いものです。
そこで、不動産が売れない悩みにはどのように対処したら良いのか、よくある2つの原因と解決方法をそれぞれ解説します。

不動産がなかなか売れない原因①売却価格が適正ではない

不動産が売れない原因としてよくあるのは、売却価格が適正ではないことです。
相場よりも高すぎる場合はもちろん、低すぎる場合も購入検討者が不安を覚えてしまい、不動産売却がなかなか進まない可能性があります。
適正価格を設定するためには、インターネットで周辺の類似物件の成約価格を調べて、基準にすると良いでしょう。
成約価格とは、物件が実際に取引された価格です。
土地と建物や、マンションの成約価格を調べるときは、レインズ・マーケット・インフォメーションが役立ちます。
ただし、レインズ・マーケット・インフォメーションには土地だけの価格が載っていないので、土地を売却する場合は土地総合情報システムを利用しましょう。
なお、適正価格を設定しているはずなのに売れないときは、購入検討者が高いと感じている可能性があります。
その場合は、思い切って値下げをすると、売却できるかもしれません。
小出しに何度も値下げをすると、「もっと下がるのではないか」と待たれてしまう可能性があるので、実行するときは思い切ってある程度の金額を下げましょう。

不動産がなかなか売れない原因②築年数が経っている

建物の築年数が経っていることも、不動産売却が進まない原因の1つです。
築年数が原因で売れない悩みは、3つの方法で解消できる可能性があります。
1つ目は、売却価格を下げる方法です。
設定価格が物件の状態に見合っていないと買い手に思われている可能性があるので、価格を見直してみましょう。
2つ目は、建物には値段を付けずに、古家付き土地として売り出す方法です。
建物にお金がかからなければ、その分をリフォームなどの費用にあてられるので、買主が見つかる可能性が高まります。
3つ目は、建物を解体してから売り出す方法です。
とくに、都市部は土地の需要が高い傾向にあるので、建物のないほうが売却につながるかもしれません。
ただし、解体には費用がかかることと、更地にすると建物のある土地よりも固定資産税が高くなる可能性があることには注意しましょう。

まとめ

不動産売却の際は、わからないことや不安なことが多く、さまざまな悩みが生じるものです。
事前によくある悩みや解決方法を確認しておくと、不安が解消される可能性があります。
不安が解消しないときや、個別性の高い悩みが生じた場合などは、不動産会社へお気軽にご相談ください。
名古屋市天白区・日進市を中心に不動産売却のことならスムトコ不動産へ!
人生を楽しみ将来を分かち合えるパートナー企業として活動しています。
お気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

052-804-3615

営業時間
09:30〜18:00
定休日
火曜日 水曜日

関連記事

お役立ち情報

買取実績

サービス紹介

売却依頼

売却査定

お問い合わせ